2017年07月17日

実家のミツバチ

5月の末に実家に引っ越したミツバチたちですがセイヨウミツバチらしいということがわかりました。巣箱の温度を下げるために羽で風を送る「扇風行動」のときに頭を巣の入口に向けていました。ニホンミツバチはお尻を巣の入口に向けるそうです。体の大きさや色、分蜂の時に女王蜂を囲み丸くなる木の場所などからもセイヨウミツバチとほぼ断定。

最終判断を近くに住むミツバチの専門家に見てもらいました。

IMG_0786.JPG

IMG_0788.JPG

IMG_0787.JPG

IMG_0789.JPG


巣箱を開けると蜂の子はいましたが蜜は全くありませんでした。自分たちと子供たちの食料で精一杯で蓄える余裕が無かったようです。セイヨウミツバチは蜜が無くなるとニホンミツバチの巣箱を襲い蜜を盗んだりするそうです。伝染病も媒介する恐れがあるのでやむなく全頭殺虫処分したとのことです。





posted by くろまめ at 10:12| Comment(0) | 日記