2018年02月18日

本棚の引越し

今日は力仕事。部屋から部屋へ本棚の移動です。ドアの高さより本棚が高いので斜めにしたり大変。役に立ったのは天然水の6パックを包んでいるプラスチックのカバー。丈夫で滑りやすく助かりました。
506AF97C-9726-45CF-9B06-DD659E35C918.jpeg

CE4D55F1-ACC1-4837-B7BF-F601630D84F0.jpeg

北の部屋から南の部屋へ引越し完了。
本を元に戻すのもひと仕事です。

E860C922-E84E-4D4C-8116-60F113296768.jpeg




posted by くろまめ at 14:22| Comment(0) | 日記

2018年02月16日

没後40年 熊谷守一


東京国立近代美術館にて。

DFDE887F-5283-47D7-917B-856CF021A0CC.jpeg

0C9F6FE0-6433-4365-A576-93C39DA0659B.jpeg
熊谷守一の言葉より

川には川に合った生きものが住む
上流には上流の、下流には下流の生きものがいる。
自分の分際を忘れるより、自分の分際を守って生きた方が、
世の中によいと私は思うのです。

いくら時代が進んだっていっても、結局、自分自身を失っては何にもなりません。
自分にできないことを、世の中に合わせたってどうしょうもない。川に落ちて流されるのと同じことで、何にもならない。
『蒼蠅』求龍堂、  1976年、189頁

作品集、やっぱり買いました。
2E14A47A-5320-4407-B273-22A064BAEAF2.jpeg

 中でもこの絵が気に入りました。
「豆に蟻」1958年(昭和33年)

120F528E-AC1C-4058-859C-9AF07B69DA70.jpeg

発芽したインゲン豆の辺りを、不規則に忙しく歩き回る蟻。
以下解説より、
観察していた守一の視点と距離。「いのちの輝き」が感じられます。


posted by くろまめ at 20:33| Comment(0) |

2018年02月15日

市の工作室へ来ました

EF0C58EE-D360-4A7B-B5FC-46663D87E314.jpeg

ここは、市の「工作室」です。いろんな工具を使うことができます。工具はプロが使うものが揃っています。

初めての 電動糸のこ体験です。

28FAED89-765C-4B31-B800-2910716A38BC.jpeg

8DA0CEFF-4A7A-4D2F-B94B-D51CA588BDD3.jpeg

ダーニングマッシュルームのカサの部分のカドを落とします。

69B6A90A-3B16-4847-8E40-8546FB9C5E5A.jpeg

私、くろまめは動画に写真に撮影を楽しんでいます。
削った木クズが粉末になって山になり、広がり、、、
私、咳き込んでいます!
た、ま、り、ま、せん!

夫と私の身長差は35センチ。マスクしなくても平気顔です。


工具使用料、200円。


AFB7D97B-1758-4BC3-A63D-941A87937D2A.jpeg

帰りにランチすると、

484EEA70-56A4-4B9C-9539-D7879FC6B123.jpeg

あら、まぁ〜
ミニスリコギがマッシュルームのいしづきの部分に見えてきましたー

posted by くろまめ at 13:09| Comment(0) | ハンドメイド