2018年02月16日

没後40年 熊谷守一


東京国立近代美術館にて。

DFDE887F-5283-47D7-917B-856CF021A0CC.jpeg

0C9F6FE0-6433-4365-A576-93C39DA0659B.jpeg
熊谷守一の言葉より

川には川に合った生きものが住む
上流には上流の、下流には下流の生きものがいる。
自分の分際を忘れるより、自分の分際を守って生きた方が、
世の中によいと私は思うのです。

いくら時代が進んだっていっても、結局、自分自身を失っては何にもなりません。
自分にできないことを、世の中に合わせたってどうしょうもない。川に落ちて流されるのと同じことで、何にもならない。
『蒼蠅』求龍堂、  1976年、189頁

作品集、やっぱり買いました。
2E14A47A-5320-4407-B273-22A064BAEAF2.jpeg

 中でもこの絵が気に入りました。
「豆に蟻」1958年(昭和33年)

120F528E-AC1C-4058-859C-9AF07B69DA70.jpeg

発芽したインゲン豆の辺りを、不規則に忙しく歩き回る蟻。
以下解説より、
観察していた守一の視点と距離。「いのちの輝き」が感じられます。


posted by くろまめ at 20:33| Comment(0) |