2018年10月04日

ユウガオとミョウガ

688655E4-F17E-4C17-AB10-527E18A8E63B.jpeg
親戚から沢山のユウガオ(冷凍)と、ミョウガをいただきました。

ユウガオは自然解凍して餡かけ煮物(椎茸、蟹もどき、インゲン」。

ミョウガは甘酢漬けに。

005CD429-35C9-4353-A292-E679AF0C486C.jpeg

ミョウガは周りが傷んでいたので、皮をふた皮むきました。異常無し!
甘酢漬けにすることで、ゆっくり消費できます。

これまで夏になれば、ミョウガ、ショウガ、キュウリ、オオバを使った酢飯の混ぜご飯をよく作っていましたが、今年は一度も作りませんでした。

レシピは雑誌『クロワッサン』からだったような。その頃1970年代「.ニューファミリー時代」の走りでした。まだまだ便利な調味料などは売られていませんでしたー。

材料は、鮭、ミョウガ、ショウガ、キュウリ、オオバ、煎りゴマ(白)、合わせ酢。

鮭を焼いて身をほぐす。キュウリは塩もみしてしぼる。ミョウガは千切りして甘酢に浸して軽くしぼる。ショウガとオオバは千切り(無い場合は、パセリ、ミツバなど)。

酢飯にゴマ、鮭、ミョウガ、ショウガ、キュウリを混ぜ、オオバを散らす。

酢飯に煎りゴマを入れると、余分な酢を吸い取るので、失敗することはありません!(^^)

鮭は甘塩を。具材はいろいろアレンジして楽しめます。エビ、蟹缶、枝豆など合います。


ニューファミリー時代は、主婦が働くようになり、簡単で安価なオシャレご飯のレシピが次々と登場したのでした。料理、育児、ファッション、レジャーの本が飛ぶように売れていた頃を思い出しています。

IT時代に生きて、おおいに情報を活用して、絶賛したり、批判したり。

ユウガオとかミョウガとか昔からの食べ物をたくさんな量いただいて、振り返って大事に思っています。




posted by くろまめ at 15:20| Comment(0) | 日記