2018年12月14日

銀鏡神楽


映画「銀鏡 shiromi」の公式FBです。



12月14日  宵8時頃、
榊の前に据えられた太鼓がドンと打ち出されて銀鏡神楽が始まりました。

祝子(ほうり。舞う人)さんたちは伝承館で「日習い」「抜け習い」と練習に練習を重ねてきました。
山村留学生たちも舞います。彼らは神前で願祝子の誓いをしています。

外神屋(そとこうや )で奉納のお神楽の舞を夜を徹して舞います。全33番ありますが、式1番の「星神楽」は前日の13日に拝殿 内神屋(うちこうや)で舞います。


外神屋にはムシロが 敷いてあります。
火鉢2つ。
お囃子は、
篠笛  手拍子(すりがね)  楽  太鼓です。

今年の幸御霊(イノシシの頭) は5頭だそうです。
 

21C079F8-4E4F-4566-A535-18287842240B.jpeg

FEF1FC42-2B2C-4D4C-AA14-D2AADBFA0B58.jpeg

F633A097-36F5-441C-BB12-47585DB50405.jpeg

気温はマイナスになり、山間部の冷えは空気が澄んでいますので体感温度はかなり下がります。しかし、観覧の人びと舞う人の熱気が寒さを忘れさせてくれるのではないでしょうか。

写真は、知り合いがスマホに送ってくれたものです。


posted by くろまめ at 21:35| Comment(0) | 日記