2019年03月01日

簡単丼と種活用

私はお刺身(魚)が大の苦手で、職場でのお付き合いの席で大変苦労しました。家族は他全員お刺身どころかゲテモノ的な食べ物も喜んでいただくほど。でも私が山里育ちであることを理解してくれていて、食卓で苦労することはありませんでした。
それが、今年から赤身のマグロは食べれるようになりました。実家の父も数年前から赤身のマグロを食べれるようになったと聞いていたので、親子して食わず嫌いだったのかも知れません。

くろまめ流です。
すし飯(ご飯+すし酢+白炒りゴマ)の上に、マグロとアボカドをサイコロ状に切ってガンガンのせる。

BC08F520-90B7-4D7B-B5E1-4989A4A06BC7.jpeg
焼きノリをドッサリ山に盛る。

D9D794D9-029F-43BF-B4A7-15E2A3418892.jpeg

ワサビ醤油をヒラヒラかける。塩分は意識して控えています(^^)。


そんなことでアボカドの種に大小があることに気づきました。

過去の経験から根が出るまで長いと思われますが、実際にはどうだろうか。


F830140A-D65D-4C19-B6E2-28486CDBBACA.jpeg



posted by くろまめ at 22:39| Comment(0) | 日記