2019年06月22日

コーヒーミルで製粉

小麦の粉挽きができるものを探しにいろいろあたりましたが昔懐かしの石臼も頭に入れて探しました。だんだん大げさになってきたことも愉快になって探す時間を楽しみました。
さて、その割にはあっけなく着地したのが写真の手動式コーヒーミルです。臼式(グラインド式)で細挽き、粗挽きの出来ますので決めました(^^)。

さっそく小麦を投入。
A59851E7-54D5-4D88-8D00-228EC8BC3411.jpeg

小麦粉とフスマの混ざった全粒粉ができました!

49B95948-C32B-4777-98E8-D77EDFE8C010.jpeg

薄茶色のフスマはお米のヌカにあたる部分。お菓子の材料にも使えます。
市販の小麦粉はフルイにかけて分離するのかな? 

先日、孫に刈り取った小麦の一連の写真をじいじが送りました。じいじは孫がまだ習っていない漢字にルビを振りました。受け取った孫は大喜びしたそうです。
今年麦踏みをした時からするとその生長過程の変化にビックリ! そして「私、パンを作りたい!」と。
じいじのルビを? 見て、ルビが読めなかったようでしたが、じいじは字があまり上手くないなぁ、という感想を私、そっと聞きました。書写の大切さを感じたようです(^^)。

じいじに話しましたら「勉強になって良かったねー」と嬉しそうに見えました。



posted by くろまめ at 10:01| Comment(0) | 日記