2018年02月23日

ワタから糸に


昨年収穫したワタです。

↓洋のワタは繊維が和より長いです。

D1A3D7BC-6C03-416D-BCEF-6522F122AEDE.jpeg

和のワタの繊維は短めです。

B40FD5CC-AAB2-4C2D-8FB4-BBE26ECB745A.jpeg

糸にする作業ですが、先に洋のワタから始めてみることにしました。カーディングしたワタを手製(夫の手作り)の「タクリ」を使って糸にしました。

A7A837C5-6D9F-4DE1-A99D-D503C3F8463C.jpeg

↑「タクリ」は練習を重ねて行けば、極細〜中細くらいの糸になると思いました。

↓「手で糸をよる」方法も試してみました。

C74F50AD-A906-4E70-84AB-783061351A56.jpeg

D609180E-5FF7-4605-899E-95D5CA818ABA.jpeg

干ぴょうのような糸になりました。
私のインスピレーションには、この「手より」の糸のほうが、まとわりついて離れたがりません(^^)。

そうだ!
縦糸を麻糸にすれば、いい感じに織れる!
手持ちのショールを取り出して見て、コレダ!って思いました。

CDDB8DA3-32FE-420A-84B7-2057C381E3F5.jpeg

やや興奮気味の私です。


posted by くろまめ at 19:14| Comment(0) | ハンドメイド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。