2019年06月23日

はったい粉

懐かしい「はったい粉」をさがしていたが見つかった。いつもの店で見逃していたようだ。「くろまめ」が「これじゃない!」と言うので見ると「麦こうせん」てあるので間違いない。
値段  400円弱。

帰宅してさっそく熱湯を入れかき混ぜた。
60年ぶりの香ばしさだ。「くろまめ」の思い出は自家製だったためか粗挽きで味は麦焦がしの香りが口中に広がって、とにかく美味しかった〜! との感想だ。


DB2926AD-60C5-4862-83E9-20000B0E8F07.jpeg


430BE986-EDC3-4EF1-8B12-4560B710109A.jpeg


7CB40174-32B7-4510-9961-1447085B69B9.jpeg

先ず、そのままで食べてみた。次は蜂蜜を入れて。最後は三温糖を入れてみた。

「くろまめ」は、きな粉と餅も買っていたが、聞くと、懐かしの味探訪をしてみたくなったとのこと。

なるほどー



posted by くろまめ at 17:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: