2019年06月26日

ライ麦を手動で脱穀しましたー

脱穀作業に適した天気です。

いざ  出陣!

ライ麦をフォークでしごくと隠れていた種が次々に飛び出します。

A6584CE4-9F48-442F-82AE-8ED33677E5B1.jpeg

乾燥させる間の雨避け対策をしていたので、パチパチ音立ててこぼれ落ちてきます、センバコキならぬサンバコキ(三歯扱き)。フォークもなかなか良いです。

2031B750-CFF3-4EF5-B4DA-9C63A4191C85.jpeg

棒で叩くのとフォークとどちらが回収率が良いか、比べてみることにしました。


1F950F84-A703-4933-9D9A-774721FD6721.jpeg

同じ長さの畝から採れたライ麦と小麦の収穫量もほぼ同じでした。
黒パンの材料のライ麦は、はやくも黒っぽい色をしています。

B0B00A33-9FD7-49DD-AA03-2E364A661849.jpeg


3CB4E186-BAAE-4128-845E-3B5761DF6D8A.jpeg

風向がが変わるたびに向きを変えて殻を飛ばしました。 
昔、ばさんたち(曽祖母、祖母)が庭にムシロを敷いて、のんびりとやっていた光景が浮かんできてハッピーな気分になりました。



posted by くろまめ at 17:40| Comment(0) | 家庭菜園
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: