2018年04月17日

外は雨。ハンドメイドタイム


外は雨。
ラジオを聴きながら、それぞれの時間を楽しみました( ̄∇ ̄)

夫(そらまめ)は、錫(すず)でアクセサリーを作りました。

写真 上から
ペンダントトップ、チョーカー、ブローチです。

A13F9E55-9E49-42B3-BB60-B130FF1399F2.jpeg

私は帆布ショルダーバッグの擦れた箇所に革で手当てをしたくなり、バッグ全体の状態を点検しましたらーー

紐通しの部分を真鍮でリングにしたほうが紐が自在に動くと思い、アクセサリー作りを終えた夫にリングを作ってもらいました。半田付けして完成!

A455F4DD-9694-4ACF-B7CA-4A62DFB5C289.jpeg

B421EE22-CE8C-4553-99F0-3852F9F012DB.jpeg

4B55759D-D84E-424C-B18D-8504318AE73A.jpeg

革での手当ては、パッチワークさながら(^^)。

0D2FACDA-CFDD-4F29-A6D9-96DC40F0D30F.jpeg

6D6C09AA-73E7-4701-A35D-88F08DF3C13C.jpeg

革専用の接着剤で貼っただけですが、面白い、味のある、しげしげ眺めては肩に掛けてみました。夫が使っていたバッグでしたが、
ハイ。私が使います!


posted by くろまめ at 18:47| Comment(0) | ハンドメイド

2018年03月02日

布袋のリフォーム


CE906EC9-AAE4-4CB0-92EE-C10D010E00C9.jpeg

長い肩紐をカットして、手提げ、肩掛けの両使いが簡単にできるようにしました。ポケットは、縫って二分割に。

生地が硬いので手縫いでは針がスムーズに通りません。

革細工用の菱目打ちて針穴を開けました。

934EB40A-FDC3-4EB3-AA85-6DAAB8E3EAE6.jpeg

刺繍糸4本取りで縫い合わせました。

0B3CB7C7-7957-41C2-B0C3-2396980D94CA.jpeg

カットした紐は、取っておくことにしましたー

5FB64126-FC5F-4C77-91AA-032F3396631F.jpeg

中にワタを詰めたらウサギの耳にバッチリです!

仕上げた後で気づいたこと。
縫い糸を革細工用の蝋引き糸にすれば良かったなぁ……。 

片方のポケットにマジックテープを付けました。

1597D815-3072-4441-8F90-E318B6E71097.jpeg

おやつにサツマイモを蒸しました。

417D12DA-4C93-4BA7-BF6F-BA982D8CDCEA.jpeg
日光浴を済ましてから、いただきます八分音符

posted by くろまめ at 16:12| Comment(0) | ハンドメイド

2018年02月23日

ワタから糸に


昨年収穫したワタです。

↓洋のワタは繊維が和より長いです。

D1A3D7BC-6C03-416D-BCEF-6522F122AEDE.jpeg

和のワタの繊維は短めです。

B40FD5CC-AAB2-4C2D-8FB4-BBE26ECB745A.jpeg

糸にする作業ですが、先に洋のワタから始めてみることにしました。カーディングしたワタを手製(夫の手作り)の「タクリ」を使って糸にしました。

A7A837C5-6D9F-4DE1-A99D-D503C3F8463C.jpeg

↑「タクリ」は練習を重ねて行けば、極細〜中細くらいの糸になると思いました。

↓「手で糸をよる」方法も試してみました。

C74F50AD-A906-4E70-84AB-783061351A56.jpeg

D609180E-5FF7-4605-899E-95D5CA818ABA.jpeg

干ぴょうのような糸になりました。
私のインスピレーションには、この「手より」の糸のほうが、まとわりついて離れたがりません(^^)。

そうだ!
縦糸を麻糸にすれば、いい感じに織れる!
手持ちのショールを取り出して見て、コレダ!って思いました。

CDDB8DA3-32FE-420A-84B7-2057C381E3F5.jpeg

やや興奮気味の私です。


posted by くろまめ at 19:14| Comment(0) | ハンドメイド