2018年11月26日

奈良漬け本漬けの前工程

はい。こちらおばあさんです顔1(うれしいカオ)
塩漬けしていた白隼人ウリは、
5日目の今朝こんな感じになっていました。


5D4914CD-1DE2-4582-96F4-8D892AE0B613.jpeg

サイズがふた回りほど小さくなっています。

CDEB1DD0-397E-46CE-94C4-D8F16BF85700.jpeg

大きいほうは、もう少し水あげを頑張ってもらいます。

樽から取り出して乾かします。

52762EEB-1B91-4BA2-8BF3-75F0E727A62F.jpegD803242F-01DD-49BB-8298-586143F7C9EB.jpeg

くぼみの水気が取れたら、引き上げます。

風がないので、あらかじめキッチンペーパーで水気を取ってから干しています。

下準備最初の工程の塩漬けの際に塩を3%にしたことで、水が上がるまでに丸4日かかりました。
隼人ウリの奈良漬けの成功例の中には10%も使った例がありましたが、水の上がりが早いので、塩抜きを2回されていました。
もしかしたら、アクを抜く意味合いもあるのだろうと思いました。

私は先にアクを取っていましたから、そのことは気にせず、水が上がれば良いわけだから、お塩を少なくしました。

ウリを乾かすわけは、酒粕がベチャベチャにならないためです。本漬けがねっとりとした酒粕
に包まれて、甘みも食感も標準並みに仕上がったら嬉しいなぁ。

後発のビックサイズがしんなり細まりましたので、追加して干しました。

9617B15A-3639-4C78-96AF-E280C73D251C.jpeg
明日本漬け。ワクワクしています(^^)。


posted by くろまめ at 13:24| Comment(0) | 日記

おじいさんは畑へ。おばあさんは奈良漬け本漬け日。

太陽が眩しい今日です。
そらまめは畑へニンニクの追肥をしに出かけて行きました。
畑のようすが届きましたー顔1(うれしいカオ)

26305674-50AA-42F5-A913-7C78D723092C.jpeg

オーー!
私たちの一番の関心事は麦です。
小麦もライ麦も同じ緑色になっています。

0685EA11-43A9-4A0A-BFA0-09EFD4FCE75A.jpeg

スティックブロッコリー

E1F4F80F-6D9B-47BD-88B5-9457C229811D.jpeg

シュンギクはお生い茂っています。きっとやわらかい葉先を持ち帰ってくると思います。

9018E43D-E12A-4531-BF63-88352A0A4393.jpeg
ネギ、大根、里芋は土中に置いています。
シュンギクちゃんや他の冬野菜さんたちはすぐに大きくなります。



posted by くろまめ at 12:30| Comment(0) | 日記

2018年11月25日

ちぃーちゃな石臼で挽きましたー

35FC32A2-D75C-4CA1-84AF-0E0535B9DC2C.jpeg

実験です(^^)

216E11AB-7C9E-4613-93D5-BC190CCF70C6.jpeg

ミカンの皮と鷹の爪

2BE92C74-5973-4895-AEEE-02EDE4B76B0D.jpeg

907AF7D4-0962-45FB-952C-D2A9AD4EE937.jpeg

大豆の水煮

80FE97B5-1509-4029-B1CB-CAEEA3F10FD0.jpeg

石臼の穴から材料が自然落下なので引っかかる材料は押し込みが必要。
小さな石臼は固い米粒のようなものは石が浮き上がってしまい上手く擦れない。実家にあった大きな石臼は重いから良かったのだと実感。
学ぶこと多かりき。



posted by くろまめ at 14:33| Comment(0) | 日記